注目の新店9選

【ラーメン日記】錦町 175°DENO担担麺 仙台店|レベル1でも痺れる!

青葉区錦町にオープンした「175°DENO担担麺 仙台店」に行って来ました。

「ひゃくななじゅうごどでのたんたんめん」と読みます。

札幌発の担々麺専門店で宮城県には初の出店。

シビれ、辛さ、共にレベル1で注文しましたがかなり痺れる担々麺でした。

▼仙台のラーメン情報はこちら

仙台の美味しいラーメンまとめ【ブログ総集編】仙台のラーメン食べ歩き190選|エリア・ジャンル別まとめ

175°DENO担々麺ってどんなお店?

175°DENO担々麺 仙台店

本格的な四川料理の技術と日本のラーメン技術を融合させたオリジナルの担担麺とのこと。

看板メニューは汁なし担担麺です。

175°DENO担々麺の汁なし担担麺

店内はカウンターとテーブル席あり。

カウンター

テーブル席

▼卓上調味料で好みにカスタマイズできます

卓上調味料

▼自家製辣油を販売

175°DENO担々麺の辣油

メニュー

オープン初日のため汁なし担担麺のみ

オープン直後だったので白ごま汁なし担担麺のみの販売でした。

10月5日以降順次追加する予定とのこと。

175°DENO担々麺 仙台店 メニュー

  • 白ごま担担麺 汁なし 850円
  • 黒ごま担担麺 汁なし 900円
  • 白ごま担担麺 汁あり 900円
  • 黒ごま担担麺 汁あり 950円

その他に麻婆麺やG系の記載もあり。

  • 麻婆麺 950円
  • 麻婆飯 950円
  • 一七五朗 1000円

▼トッピング・サイドメニュー

トッピング・サイドメニュー

▼カラシビレベルを選べます

選べるカラシビレベル

  • シビれ:0~5
  • 辛さ:0~5
  • スープ:創業の味(清湯)or濃厚(白湯)
  • 麺量:汁なしは525gまで、汁ありは400gまで

▼美味しい食べ方

175°DENO担々麺 美味しい食べ方

実食!白ごま汁なし担担麺

175°DENO担々麺 白ごま汁なし担担麺

四川花椒の香りが食欲をそそります。

麺はツルツルの平打ち。

麺

 

底に沈んだゴマだれをよく混ぜていただきます。

ゴマダレと混ぜて

辛さ、痺れ、共におすすめのレベル1で注文しましたが、予想以上に痺れる!

▼旨辛いひき肉炒め

挽肉炒め

 

海老やナッツの香りと食感が良いアクセントに。

海老やナッツ

 

途中から温玉を入れてマイルドにしていただきました。

温泉玉子

ごちそう様です!

店舗情報

175°DENO担々麺仙台店について

営業時間11:00~15:00 17:00~22:30
定休日日曜日
公式サイト175.co.jp
住所仙台市青葉区錦町1-10-10

周辺情報

錦町にオープンした175°DENO担々麺

同じ通りに「麺屋58」が、すこし先に「つけ麺しずく」があり、どちらも人気店です。

バルトロタンタンメン」や「麺まぜたん」とも近いので近隣は担々麺激戦区かもしれません。

ぜひ食べ歩いてみてください♪