あちゃーるでテイクアウト

【レビュー】JRフルーツパーク仙台あらはま|レストランでランチ・農園見学・ショッピングなど

仙台市若林区荒浜にオープンした「JRフルーツパーク仙台あらはま」に行って来ました。

東北初、一年中果物の摘み取り体験ができる体験型観光農園です。

レストランでランチとスイーツを満喫してから広大な農園を散歩。マルシェでお土産もたくさん購入しました。

新スポットの魅力を全部紹介します!

▼関連記事

【仙台・宮城】2021年いちご狩り13施設の比較|60分食べ放題や食べ比べ・チョコディップも

JRフルーツパーク仙台あらはまってどんなところ?

JRフルーツパーク仙台あらはま

東日本大震災の復興事業「仙台市集団移転跡地利活用事業」のひとつとして仙台ターミナル株式会社が開業しました。

JRフルーツパーク仙台あらはまについて

甚大な被害にあった荒浜地区にもう一度、人々の笑い声と笑顔が集う場所にしたい。」という想いを胸にフルーツパークが誕生したそう。

農園では8品目156品種を育てており、東日本最大規模です。

JRフルーツパーク仙台あらはま 果物狩りカレンダー

2021年はいちごとブルーベリー、2022年以降はブドウ・リンゴ・ナシ・イチジク・キウイ・スグリも含めてすべての果物を摘み取れるそう。

▼園内マップ

JRフルーツパーク仙台あらはま 園内マップ

駐車場のすぐ隣にフルーツステーション(総合施設棟)、セミナーステーション(研修棟)があります。

フルーツステーション

フルーツステーション内には直売所「あらはまマルシェ」、ホテルメトロポリタン仙台のシェフプロデュースのカフェ・レストラン「Les Pommes」加工体験室「あらはまキッチン」が併設。

総合施設棟

農園で摘み取り体験をする場合はステーション内の券売機でチケットを購入してから各農園へ向かいます。

チケット購入機

▼ステーション隣のシンボルタワー

JRフルーツパーク仙台あらはま シンボルタワー

東部復興道路からも見える位置にあり、これから復興のシンボル地として盛り上げていきたいという想いも込められているそう。

▼公式キャラクター「フルパちゃん」

フルパちゃん

撮影スポットになっており、小さなお子さんが笑顔で覗きこんでいる様子が微笑ましかったです。

▼いちごハウス近くには若手農家のレタスジャパンによるキッチンカー「サプール カフェ」も。

サプール カフェ

開店セールで3月22日までコーヒー100円。美味しそうなサンドイッチを販売していました。

レストランでランチ&テイクアウト

JRフルーツパーク仙台あらはま Les Pommes

フルーツステーション内の「レ ポム」はマルシェと隣合うオープンスペースのレストラン&カフェです。

農園で収穫した作物や地域の食材を使ったメニューを提供。

レポムで働くホテルメトロポリタン仙台のシェフ&スタッフが紹介されていました。

シェフ

メニュー

食事メニュー

「おばんざいカレー」は季節の新鮮な野菜を使用したお惣菜がたくさん盛り付けられたカレーです。(11時から提供)

  • 森林どりのスパイスカレー 1100円
  • 牛タンと黒毛和牛のキーマカレー 1200円
  • わたりがにのスパイスカレー 1400円

▼カフェメニュー

カフェメニュー

▼サンドイッチ(700円)

  • サーモンと蔵王モッツァレラチーズのサンドイッチ
  • 龍泉洞黒豚ハムとコンテチーズサンドイッチ
  • 三陸牡蠣フライドッグ(数量限定)

▼スイーツ

  • いちごヴィエノワズリー 600円
  • ソフトクリーム 350円
  • ソフトクリームといちごコンポート 500円
  • いちごパフェ 1000円
  • ジェラート シングル400円/ダブル500円

全メニューテイクアウトも可能です。

実食!牛タンと黒毛和牛のキーマカレー、ジェラート

牛タンと黒毛和牛のキーマカレー

仙台名物・牛タンを使ったおばんざいカレーとジェラートをいただきました。

プレートにはごはん、目玉焼き、野菜やフルーツなど盛りだくさん。

JRフルーツパーク仙台あらはまのカレー

野菜がとっても新鮮!

野菜

素材を生かした味付けも絶妙でした。

ポテトサラダやキャロットラペも美味。

ポテトサラダやキャロットラペ

キーマカレーは牛タン&黒毛和牛たっぷり!食べても食べてもお肉が尽きることなく、なんとも贅沢なカレー。

キーマカレー

食後はジェラートを。

ジェラート

いちご&ミルクを注文したつもりが、タッチパネルを押し間違えていちごミルク&ミルクにしてしまいました。

ちょっと残念な気持ちで食べはじめると、美味しいいちごミルクに歓喜!

いちごミルク

いちご本来の味もしっかり感じ、マイルドで上品。

そしてミルクがめちゃくちゃ美味しい。

ミルク

超フレッシュ!すっきりした後味でリピ決定です。

▼お土産で「龍泉洞黒豚ハムとコンテチーズサンドイッチ」をテイクアウト

龍泉洞黒豚ハムとコンテチーズサンドイッチ

出来立てほかほかを提供してくれました。

広大な観光農園を見学

JRフルーツパーク仙台あらはま 看板

約8ヘクタールと広大な農園を一周してみました。

エリアごとに果物のイラストが描かれた看板があり、マップもあるので安心。

JRフルーツパーク仙台あらはま 農園

写真左手のブルーベリーは2021年に摘み取りできる予定とのこと。

駐車場向かいのいちごハウスは摘み取りが開始されており、多くの方が利用されていました。

JRフルーツパーク仙台あらはま いちごハウス

約2000㎡のハウス内で宮城県育成品種の「にこにこベリー」と「もういっこ」を栽培。

30分食べ放題。コロナ対策で人数制限をして入室していました。

JRフルーツパーク仙台あらはま いちご狩り料金表

事前予約は電話のみ。当日も空きがあれば券売機で予約・チケット購入ができます。

JRフルーツパーク仙台あらはま いちご狩り予約について

直売所「あらはまマルシェ」でショッピング

JRフルーツパーク仙台あらはまマルシェ

あらはまマルシェでは周辺で収穫された新鮮な野菜や果物、惣菜や特産品を販売しています。

▼フルーツパーク内で採れたいちご「にこにこベリー」400円

にこにこベリー

真っ赤で艶々のいちご。購入される方が多く人気でした。

▼南蒲生産のサラダほうれん草やホワイトセロリ、ルッコラ

野菜

▼南蒲生産の調理加工用トマト

トマト

1キロ税込280円と破格!即購入しました。

▼復興への想いを込めたジャム「エスポワール コンフィチュール」900円~

エスポワール コンフィチュール

フルーツパークと荒井にあるせんだい農業園芸センターで育てた果実・野菜を100%使用。ホテルメトロポリタン仙台のシェフこだわりのプロデュースだそう。

▼蒲町の「おにぎり茶屋 ちかちゃん」のおにぎりやお弁当、お惣菜も販売

おにぎり茶屋 ちかちゃん

ちかちゃんのお米や調味料など。

ちかちゃんのお米や調味料

ご当地お菓子やおつまみ牛タンなどもありました。

ご当地お菓子やおつまみ牛タン

▼若林区文化町「フォンティーヌ」のイタリアンジェラート(280円)

「フォンティーヌ」のイタリアンジェラート

大崎市のジャージー牛乳を100%使用した手作りジェラートです。

フルーツパーク産のにこにこベリーやジャム、野菜、お弁当を購入。

あらはまマルシェでショッピング

オープニング企画でオリジナルエコバッグもいただきました。

あらはまキッチンで加工体験も開催

あらはまキッチン

ステーション奥にある「あらはまキッチン」では、オープン記念4日間限定で「にこにこベリー ジュレミルクを作ろう!」を開催していました。

あらはまキッチン ジュレミルクを作る加工体験

参加費無料、希望者は直売所スタッフまでとのこと。

施設情報

JRフルーツパーク仙台荒浜

営業時間施設全体:10:00~17:00
直売所:10:00~16:00
カフェ・レストラン:10:00~15:00
いちごハウス:10:00~16:00(火、金定休)
定休日火曜日(GW終了まで無休)
公式サイトstbl-fruit-farm.jp/arahama/
住所宮城県仙台市若林区荒浜新2-17-1