【2018版】宮城のイルミネーション特集

宮城蔵王キツネ村レポ|かわい過ぎる子ぎつね抱っこ体験&餌やり

白石市の宮城蔵王キツネ村に行って来ました。

外国人観光客が多いと聞いていたのですが、行ってみて納得、わざわざ日本まで来る価値のある観光地でした!

とにかく子ギツネ可愛い!

抱っこ体験ができ、授乳中の赤ちゃんキツネもいました。

キツネ100匹放し飼いのイメージだったのですが、きちんと管理されている施設があり、安全に遊べました。

エサやり体験もできて大満足です!

尚、観光情報は「白石市のおすすめ観光地」の記事で紹介しています。素敵な場所がたくさんあるのでこちらもチェックしてみて下さい♪

キツネ村ってどんな所?

宮城蔵王キツネ村 入口のゴリラ

実際に行くまでは分からなかったキツネ村についてです。

キツネ村は危険?安全性について

飼育・鑑賞エリアと放し飼いエリアがあります。

放し飼いエリアは自己責任なので、危険性が強調されていますがルールを守れば心配ない印象でした。

危険は感じませんでしたが、ルールを忘れるとびっくりすることはありました(汗)

後述します。

 

▼キツネ村のルール

宮城蔵王キツネ村 注意点

入場前に詳しい説明があるので、予め準備しておくのは服装についてのみです。

キツネ村観光の服装について

  1. 黒のタイツやひらひらのスカート類は注意
  2. コートの紐など垂れ下がっている服装は注意
  3. スリッパ、サンダル、ハイヒールは注意

いずれもキツネにいたずらされる可能性がある服装です。

特に女性や子供はいたずらされやすいそうなので、服装は予め用意しておいた方がいいです。

キツネが襲ってくるわけでは無くて、キツネが興味を示す服装はしない方が良いということだと思われます。

実際はキツネたちも人間慣れしている印象でした。

曲がり角でばったり合うと、キツネも人間もびっくりしたりします(笑)

小さい子供も楽しめる

飼育スペースでは子ギツネやウサギ、ポニー、ヤギ等がいるので子供でも楽しめます。

放し飼いスペースは小さい子供は抱っこしてエサ場(高台の安全地帯)まで行けば安全です。

100円で餌が売っています。

宮城蔵王キツネ村 エサ場

 

▼餌やり体験


飼育・鑑賞エリア

宮城蔵王キツネ村の子ギツネ

飼育・鑑賞スペースは放し飼いされていません。

触れ合える動物園のような感覚です。

 

▼子育て中のキツネ

宮城蔵王キツネ村 子育て中の狐

授乳中のキツネ、癒されました♪

 

▼ポニー

宮城蔵王キツネ村 ポニー

 

▼ヤギ

宮城蔵王キツネ村 ヤギ

 

▼北極キツネは睡眠中

宮城蔵王キツネ村 北極ギツネ

マイナス50℃でも生きていけるそうで、今日は暑すぎたのかもしれません。

その他にウサギもいました。

スポンサーリンク

子ギツネと子ウサギ抱っこ体験!

Fox Village in Miyagi Zao Hugging a child fox

子ギツネと仔ウサギの抱っこ体験ができます。

子ギツネ抱っこができる施設は世界中でも少ないみたいです。(唯一かも)

私が行ったGW期間中は10:30、13:30、15:00の3回でした。

落としてしまったりすると危険なため子供はできませんが、抱っこしている人たちや、近くの子ギツネを見るだけでも十分楽しめます。

Fox Village in Miyagi Zao (Shiroishi, Japan)

 

体験の前に抱っこの方法を職員の方が説明するのですが、子ギツネの扱いに慣れ過ぎていて見ているだけでも楽しかったです。

宮城蔵王キツネ村 子ギツネ抱っこの説明

キツネの肉球かわいい♪

 

▼子うさぎ抱っこ

宮城蔵王キツネ村 子ウサギ抱っこ

放し飼いエリア

宮城蔵王キツネ村 放し飼いエリア

当然ですが、キツネがいっぱいいます。

動物園は檻の中にいる動物を鑑賞することが多いですが、キツネの村の中に人間が入っている感覚です。

野生のキツネを見たことは無いですが、ともて人間慣れしているキツネという印象でした。

 

▼寝ているキツネが多いです

宮城蔵王キツネ村 寝ている狐

 

▼自然体?のキツネ

宮城蔵王キツネ村 狐

 

▼放し飼いエリアにエサ場があります

宮城蔵王キツネ村 えさやり場

 

▼エサを待つキツネたち

宮城蔵王キツネ村 エサを待つキツネ

エサを5回買っちゃいました(汗)

 

▼敷地内は綺麗に整備されています

宮城蔵王キツネ村 放し飼い場所

 

▼神社がありました

宮城蔵王キツネ村 神社

 

▼歩いてるキツネたちに、だんだん慣れてきます

宮城蔵王キツネ村 通路

 

▼慣れ過ぎてルールを忘れて動画を撮っていたら…


ちょっとびっくり(汗)

かがんで写真を撮ったり近づきすぎないというルールを忘れていました…

 

ケンカなのか、求愛なのか、じゃれあっているだけなのか分かりませんが、鳴きあう光景を何度も見ました。

宮城蔵王キツネ村 鳴いている狐

 

▼飼育員の方が水やりをしている所にキツネが集まって来ました

宮城蔵王キツネ村 群れ

集まっているとぞわぞわするのですが、すごく楽しいです♪

ここでしかできない体験!

 

▼足元にもいっぱいいます(汗)

宮城蔵王キツネ村 大量のきつね

放し飼いエリアは楽しい!

小さい子供はエサ場まで抱っこするのがいいかもしれません。

混雑状況は?外国人が多い?

混雑状況

5月1日の午前中に行きましたが、それほど混んではいませんでした。

第一駐車場もゆとりがある状況でした。

お昼近くになると人が増えてきたため、早めに行って最初の抱っこ体験に間に合わせるのが良いかもしれません。

私が行った時の抱っこ体験は10:30でした。

外国人観光客

いろいろな白石・蔵王を観光しましたが、他と比べて外国人観光客の割合は多かったです。

むしろ日本人観光客が少ないという印象でした。

危険なイメージがあるからでしょうか?

国内の観光客がもっと増えてもいいのではないかと感じます。

今後は人気が爆発するかもしれないので、今のうちに行くのが良いかもしれません!

売店・施設

▼売店にはキツネグッズがたくさん

宮城蔵王キツネ村 お土産
宮城蔵王キツネ村 売店

 

▼駐車場にはイワナや玉こんの露店が

宮城蔵王キツネ村 露店
宮城蔵王キツネ村 イワナ

 

▼写真が展示されていた冬のキツネ村も気になります

冬のキツネ村

キツネ村まとめ

▼とにかく子ギツネがかわいいです

Fox Village in Miyagi Zao (Shiroishi, Japan) child fox

放し飼いエリアはルールを守れば安全で特に餌やりが楽しいかったです。

キツネ村周辺の観光情報

▼直ぐ近くに川原子ダムがあります

宮城県白石市 川原子ダム

宮城蔵王三十六景に選ばれているのですが、かなりマイナーです。

穴場ですが、ダムと蔵王の景色以外は何もありません。

 

その他、「鎌先温泉」まで車で10分くらい、「弥治郎こけし村」まで車で15分くらいです。

 

白石市の観光情報は下記の記事でまとめています

白石市|おすすめの観光地・遊び場まとめ

 

▼白石のおすすめグルメ情報

白石 うーめん白石市のおすすめランチ・お土産まとめ|ラーメンやそば、うーめん等