あのラーメン店が「麺から一歩」として復活

【レポ】宮城県角田市西根の田んぼアート見て来た!羽生結弦選手やブルーインパルスがカッコイイ!

西根田んぼアート2021

宮城県角田市の西根田んぼアートを見て来ました。

昨年はコロナ禍で中止となりましたが、今年は感染対策をして2年ぶりの開催!

羽生結弦選手の安倍晴明ポーズ、ブルーインパルス、大空にはばたく不死鳥の3つが描かれています。

初めて田んぼアートを見たのですが予想以上に感動!

出穂期を迎えると衣装や翼などに新たな色が加わるそうなので、また8月に行ってみたいと思います。

▼動画verはこちら


西根田んぼアートとは?

西根田んぼアート2021年について

2007年に角田市高倉字熊野田地区の有志が古代米のPRと集落を兼ね、10アールの田んぼに「パンジーとコスモスの花」を描いたのが始まりです。

組織強化を図り、2013年に「西根田んぼアートを楽しむ会」を結成。場所を変えて面積を拡大、関係機関諸団体の支援を得ながら取り組みを続けています。

2019年は羽生選手の絵柄が人気を呼び全国から約35000人が鑑賞に訪れました。2020はコロナ禍で中止となりましたが、2021年は一般参加型の田植えをやめ、感染対策をしての再開となりました。

いざ!西根田んぼアート2021へ

西根田んぼアートの場所

仙台から車で約50分。のどかな田園風景をドライブしながら目的地に到着しました。

駐車場の目の前になんとなく羽生選手っぽい田んぼ発見。

地上から見た西根田んぼアート

羽生結弦選手の顔?

▼近くの展望台から見るようです

角田市西根田んぼアート展望台

▼直売所も気になりましたがこちらは後から訪問することに

西根田んぼアート トイレや事務局

ボックスに協賛金を入れて、いざ展望台へ!

協賛金箱など

田んぼアート展望台

やや急な階段を登ると、

宮城県角田市西根田んぼアート2021

圧巻の田んぼアート!

羽生くんとブルーインパルスかっこいい!

雲がかかると暗くなるので晴れてる日推奨です。

田んぼアート西根2021

羽生くんは「SEIMEI」ポーズを披露。

羽生結弦選手の田んぼアート

出穂期を迎えると衣装や翼などに新たな色が加わるそうで、見本と見比べるとオレンジや紫などの色が付きそうな予感。

西根田んぼアート2021見本

羽生くんの田んぼアート

医療従事者への感謝飛行が行われたブルーインパルス。

ブルーインパルスの田んぼアート

左の不死鳥はちょっと分かり難かったですが、色づくとはっきり見えてくるのかも。

青々とした田んぼアート7月

▼展望台にパンフレットが置かれていました

協賛金箱とパンフレット

直売所に資料館あり

田んぼアートふれあい直売所と事務局

すぐ近くに事務局と直売所が併設されています。

人だと思ったらかかしでびっくり。

田んぼアートのかかし

訪問時は何も売られていませんでしたが、中が資料館になっていました。

カッコイイ田んぼアートを作るため、こと細かに計算されているよう。

西根田んぼアート設計

西根田んぼアートの詳細

観賞用の稲や古代米のことも知れて楽しい。

鑑賞用稲と古代米の種類

▼2021年の田植え風景

西根タンボアートの田植え風景

▼2019年の田んぼアート

2019年田んぼアートの写真一覧

冬季五輪2連覇の記憶がよみがえります。

▼植えたての様子

植えたての田んぼアート

段々と色付いていく羽生くん。

羽生結弦選手の2019田んぼアート初期

羽生結弦選手の2019田んぼアート終盤

▼2018年は伊達政宗公の次女「牟宇姫」でした

2018年牟宇姫の西根田んぼアート

▼過去の田植えの様子

過去の田植えの様子

まとめ

NISINE田んぼアート

  1. 2年ぶりに西根の田んぼアートが復活
  2. 2021年は羽生結弦選手、ブルーインパルス、不死鳥の3種
  3. 7月は青々とした凛々しい景観、出穂期になると色付くそう

今年は県外からの訪問は難しいかと思われますが、地元再発見のため宮城の人たちにも見て欲しい完成度でした。

また8月に行ってみたいと思います。

▼関連記事

羽生結弦選手ゆかりの地まとめ|仙台市と宮城県の関連する観光スポットも紹介

西根田んぼアートの場所

西根の田んぼアートの場所

西根田んぼアートの幟と看板が目印です。

西根の田んぼアートの看板

Googleマップに登録されているので迷わずにたどり着けると思われます。

駐車場は第1~第3までありました。

西根の田んぼアートの駐車場