絶品プリンとコーヒー

【ラーメン日記】国分町 らーめん骨研究所|レンゲ立つ超弩級どろそば!

どろそば

仙台市青葉区国分町の「らーめん骨研究所」に行って来ました。

現在はプレオープン期間、本オープンは2021年1月1日を予定しています。

看板メニューのどろそばは粘度MAXの超どろどろ!

他ではなかなか味わえない一杯です。

▼仙台のラーメン食べ歩き録はこちら

仙台の美味しいラーメンまとめ【ブログ総集編】仙台のラーメン食べ歩き190選|エリア・ジャンル別まとめ

いざ!らーめん骨研究所へ

らーめん骨研究所

「麺屋不忘」というお店が屋号やメニューを刷新してリニューアルしました。

プレオープンの試食会は1杯500円ということもあり外待ち5人、着丼まで30分くらい。

カウンター7席くらいの小さなお店です。

カウンター席

▼モアイの鼻からティッシュ

モアイ

▼濃増用のカオナシ

カオナシ

とてもユニークな店内です。

メニュー

らーめん骨研究所 メニュー

メインのメニューは5種類です。

  • どろそば魚介
  • どろそば醤油
  • 魚介豚骨らーめん
  • 旨辛豚骨らーめん
  • 醤油豚骨らーめん

魚介系3兄弟と醤油豚骨姉妹

油そばセットやボーンブロスなどの表示もあり、本オープン後に販売されるのかもしれません。

実食!どろそば魚介

どろそば魚介

見るからにどろどろ、レンゲが刺さった状態で配膳されました。

ラーメンのスープというよりカレーのルーに近いような粘度です。

どろスープ

 

▼どろそば魚介の楽しみ方お作法

  1. まずは「ドロドロのスープ」を堪能下さい。
  2. どろをかき分け麺と具材の出会いを果たします。
  3. 各具材の個性と「どろスープ」の舌上マッチングで味が変化し楽しめます。
  4. ここでお好みの「薬味」投入です。デート無ければ一押しは「にんにく」で決まり!
  5. どろスープを適量残します←これがミソ
  6. 最後の仕上げはライスをぶっかけ「どろリゾット」の〆完成です。

記載されている通りに食べてみることに。

▼まずはどろスープを堪能

魚介が香り、味はそれほど濃くないのですがとにかく濃厚!「飲む」というよりも「食べる」という表現が合う気がします。魚介系つけ麺のスープを超濃厚にした感じです。

 

▼麺と具材の出会い

麺

麺は中太もちもち系、チャーシューや青菜がどろスープの下に隠れていました。

チャーシュー

 

▼マッチング

麺と具材の出会い

混ぜるのが大変なくらいの超どろどろ。具材よりもどろスープを強く感じます。

 

▼にんにく投入

にんにく

デートの予定は無いのでにんにくを投入。魚介感が控えめになりまろやかになる不思議です。

 

▼〆はライスをドボン

ご飯

味は全然カレーとは違うのですが、カレーを食べているような感覚に!

初体験のどろそば、ごちそう様でした!

プレオープンについて

500円試食会

プレオープン期間中は5種類のメニューを500円で提供しています。

▼営業時間はこちら

らーめん骨研究所の営業時間

最新情報は公式Twitterをご確認ください。

店舗情報

らーめん骨研究所仙台国分町

オープン予定日2021年1月1日
公式サイト@ramen_hone
住所仙台市青葉区国分町3-2-10

国分町の定禅寺通りよりも北側、ラーメン屋さんがたくさん並ぶ通りにあります。