国分町の絶品ラーメン集

【仙台うみの杜水族館】アナゴの恵方巻水槽を展示|2021年1月16日から

仙台うみの杜水族館で、節分にちなんだ「アナゴの恵方巻水槽」が展示されます。

期間は2021年1月16日から2月3日。

また、オリジナルグッズ「アナゴの恵方巻」ぬいぐるみを1月8日(金)から数量限定で販売中です。

アナゴの恵方巻水槽

恵方巻とは、節分にその年の良いとされる方角(恵方)を向いて食べる巻き寿司のこと。

無言で食べると縁起が良いとされ、「丸かぶり寿司」ともいわれます。「福を巻き込む」との意味を込めて七福神にあやかり7種類の具材が入ったものが望ましいとされ、アナゴやウナギはその代表的な具材のひとつです。

昨年、アナゴの隙間に隠れる習性を活かし、水槽内に恵方巻型の筒を設置した「アナゴの恵方巻水槽」の展示を行い、公式Twitterでの投稿が1.5万リツイート、2.8万いいねと大きな反響がありました。その反響を受け、今年は、恵方巻をひとまわり大きく改良し、恵方巻から複数のアナゴたちが顔をのぞかせる姿を楽しめます。

さらに、アナゴと一緒に恵方巻になれる顔出しパネルが登場。恵方巻から顔を出して、水槽のアナゴの気分を味わえます。

MEMO
マアナゴ 学名:Conger myriaster 英名:Conger-eel
日本各地の沿岸の砂泥底に生息。
体長は40cm~90cm。身体は褐色で、側線上に白い点線が並ぶ模様がある。狭い場所を好み、穴などにもぐり込む習性があるため、「穴子」と呼ばれる。
食用魚としても親しまれ、かご漁やアナゴ筒などで漁獲される。

■展示場所:1階 日本のうみ「内湾 恵みのうみ」マアナゴ展示水槽

アナゴの恵方巻 ぬいぐるみ

昨年の反響に応え、「アナゴの恵方巻 ぬいぐるみ」が登場。アナゴの特徴を捉え、細部まで忠実に再現されています。

アナゴのかわいらしさと、素材の気持ちよさでリラックスできること間違いなし。

アナゴは恵方巻から取り外し可能で、恵方巻部分を使って好きな具材を入れて遊ぶこともできます。

■販売期間:1月8日(金)~1月15日(金)先行販売(10個/日)、1月16日(土)~なくなり次第終了
■販売場所:1階umimori shop