ユーチューブ始めました!

【速報】宮城県と仙台市|休業要請の対象施設や補償まとめ

4月21日に開かれた対策本部会議により休業要請する施設が公表されました。

この記事では新型コロナウイルス拡散防止のため休業要請の対象となった飲食店や業種、補償などについてまとめています。

一覧は宮城県の公式ホームページをご確認ください。

参考 特措法による休業要請を行う施設(PDF)宮城県 参考 措法による休業要請を行う施設(具体例)宮城県

休業要請の対象施設

下記の施設が休業要請の対象となりました。

  • キャバクラ
  • ナイトクラブ
  • ダンスホール
  • バー
  • ネットカフェ
  • まんが喫茶
  • カラオケボックス
  • パチンコ店
  • ゲームセンター
  • 麻雀店
  • 大学・学習塾
  • ボウリング場
  • 水泳場
  • スポーツクラブなど運動施設
  • 劇場
  • 映画館
  • 集会場
  • 公会堂
  • 展示場
  • 博物館
  • ライブハウスなど

 

  • 幼稚園
  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 中等教育学校
  • 特別支援学校

百貨店は生活必需品、食料品の売り場以外に休業要請。

飲食店(居酒屋・喫茶店含む)は営業時間の短縮。(午前5時から午後8時まで)

※酒などの提供は午後7時まで(宅配・テイクアウトは除く)

床面積の合計が1000mを超えるものに限る
  • 大学
  • 専修学校
  • 自動車教習所
  • 学習塾
  • 各種学校など

※預かり保育など保育を必要とする園児や児童の居場所確保の取り組みを実施することは可

基本的に休業要請を行わない施設

  • 病院
  • 薬局
  • ホームセンター
  • スーパー
  • ホテル
  • 旅館
  • 交通機関
  • 金融機関
  • 保育所等
  • 銭湯
  • 理容室
  • 美容室
  • 宅配など物流サービス
  • コンビニ
  • 保育所
  • 介護
  • 老人保健施設
  • 工場・作業場など
  • 電力・ガスなどインフラ関係
  • 飲食店など

上記の施設は営業可能ですが、今後も感染防止の対策を協力要請するとのことです。

博物館、美術館、図書館、ホテル、旅館などについては集会の用に供する部分に限って休業要請されています。

休業要請の時期・相談ダイヤル

現在は4月25日から5月6日までの予定。

今後変更になる可能性があるので、最新情報をご確認ください。

緊急事態宣言の相談ダイヤルは「022-211-3332」です。(平日9:00~18:00)

補償について

県の要請や協力依頼に応じて、令和2年4月25日から同年5月6日までの間,施設の使用停止や営業時間の短縮に全面的に協力した中小の事業者に対し,県・市町村から協力金が支給されます。

■支給額:1事業者当たり30万円

仙台市は10万円上乗せする考えを示しており、市内に2施設以上ある場合は計算方法が異なります。詳細は各自治体の公式サイトなどをご確認ください。

▼宮城県の公式ページ

参考 (仮称)宮城県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について宮城県